ここから本文です

日本の特産品を使った「ピザ」あれこれ 山形のバラ、長野のみそ、四日市のサバの干物など

6/3(日) 8:00配信

MONEYzine

 イタリア発祥の世界的な人気メニュー「ピザ」。具材はチーズや野菜、魚介類、ハム、ソーセージといったところが定番だ。ただし、ここにオリジナルの食材が加わることも多い。特に地方発、地元の特産品をプラスしたユニークなピザが続々と登場している。

 花の香りが楽しめるピザ「バラ・ケッチァーノ」は、日本最大級のバラ公園のある山形県は村山市で、町おこしに奮闘中の民間有志団体「ゴールデンローズプロジェクト」が考案したもの。山形県出身のイタリア料理人・奥田政行シェフが監修を行った。具材はトマト、チーズに、ブルガリア産バラのジャム、村山市の食用バラ、仕上げにローズパウダーをふりかけ、他にはないバラのデザートピザが完成した。本商品はインターネット通販で販売されており、届いたら自身でトッピングを施し、オーブンで焼き上げる。価格は1枚1,500円(税別、直径約20センチ)。

 みそを使ったピザにも注目したい。長野市の老舗みそ製造業者である酢屋亀本店〔すや亀〕メイドで、商品名は「味噌屋のカレーピザ」と「味噌屋の3種のチーズピザ くるみ味噌ときのこ入り」。前者は独自開発のカレーみそとツナ、トマト&ピーマン、後者はゴーダ、ゴルゴンゾーラ、モッツァレラの3つのチーズとくるみ味噌の絶妙なるハーモニーが、食べる人を美味の世界へと誘う。こちらもインターネット通販で購入が可能で、自宅のトースターで焼いて楽しめる。価格はどちらも1枚700円(税込、直径約17.5センチ)。

サバの干物が楽しめる「およげ!! さばピザくん」 足を運んでぜひとも口にしてみたいのが、東海地方の宅配ピザチェーン「アオキーズ・ピザ(運営はアオキーズ・コーポレーション/本社:愛知県名古屋市)」の「およげ!! さばピザくん(2,280円・税別、ピザカッターつき)」。7月11日までの期間限定販売で、外見は全長23センチのお魚の形をしている。お腹のなかには、三重県四日市市の人気干物店「四日市ひもの食堂」の自信作、肉厚で脂ののりも最高の骨抜きサバの干物をたっぷり詰め込み、焼き上げている。特製だれのお陰で、干物とモッツァレラチーズの相性も抜群。さらに、味の変化も楽しめるようBBQマスタードソースもついている。

 全国各地のユニークなピザをチェックして、いつもとは一味違う味を楽しんでみるのもよさそうだ。


(加藤 秀行 、 阪神 裕平)

最終更新:6/3(日) 8:00
MONEYzine