ここから本文です

高打ち出し低スピンの飛ぶ弾道を手に入れよう!「アッパーブロー」で打つためのコツ【ゴルフ動画レッスン】

6/3(日) 19:50配信

みんなのゴルフダイジェスト

ゴルファーなら1ヤードでも遠くへ飛ばしたいもの。“ノリー”こと堀口宜篤プロによれば「アッパーブロー」にボールをとらえることで、飛距離アップが期待できるとのこと。写真と動画で分かりやすく解説してもらった。

アッパーブローでボールを捉える重永亜斗夢のスウィング

アッパーブローで飛ばそう!

アッパーブローとは、クラブが最下点から上がってくるタイミングでインパクトすること。このタイミングで打つことで、高打ち出し・低スピンの飛ぶ弾道になりやすい。それを実現するためには、「上体の重心を右に傾けることで、クラブの最下点をズラすこと」と堀口宜篤プロ。

「上体の重心を右に傾けると、最下点も右にずらすことになります。それにより、自分のスウィングを壊すことなく、クラブが上がってきたタイミングでボールを捉えられるんです」(堀口)

その際、当てに行く、打ちに行く意識が強すぎると上体が突っ込み、ダウンブローのインパクトになってしまう。そうすると、打ち出しが低く、スピン量の多い飛ばない弾道になってしまうので、注意が必要だ。

飛距離を大きく伸ばす可能性を秘めたアッパーブロー。詳しい解説は動画を見てみよう!

みんなのゴルフダイジェスト編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ