ここから本文です

IoTシステムのセキュリティ対策を支援、EGセキュアソリューションズがコンサルティング提供開始

6/4(月) 8:05配信

@IT

 EGセキュアソリューションズは2018年5月29日、「IoTセキュリティコンサルティングサービス」を開始すると発表した。同社のWebセキュリティに関するコンサルティング経験やWebアプリケーションの脆弱(ぜいじゃく)性診断に関するノウハウを基に、家電やスマートハウス関連機器、Webカメラなどを対象に、セキュリティ対策を支援する。

 既にIoT(Internet of Things)はさまざまな分野で利用されており、EGセキュアソリューションズによると、「IoT機器の数は2020年には現在の約2倍の300億台に増える」という。一方で、そうしたIoT機器を狙ったサイバー攻撃も増加傾向にあり、IoTのセキュリティ強化は喫緊の課題となっている。

 IoTセキュリティコンサルティングサービスは、主に2つのサービスによって、こうしたIoT機器のセキュリティ対策を支援する。

 1つ目は、要件定義や設計に関する支援。これからIoTを利用したシステムを企画または構築しようとする際に、IoTセキュリティガイドラインや社内のセキュリティポリシーなどを踏まえた上で、システムの要件や設計について、セキュリティの観点から脅威分析を行い、要件定義のアドバイス、設計方式のレビューを提供する。

 もう1つは脆弱性診断。IoTシステムを構成するIoT機器やスマートフォン向けのアプリケーション、Webアプリケーション、ネットワークなどに対して、脆弱性の有無を診断する。その上でセキュリティ上のリスクを可視化し、セキュリティ対策をアドバイスする。

 価格は120万円から。要望に合わせて支援プランのカスタマイズにも応じる。

最終更新:6/4(月) 8:05
@IT