ここから本文です

<滝沢秀明>名古屋の街にたくさんののぼり「歩くのが恥ずかしい」 「滝沢歌舞伎2018」初日

6/4(月) 17:42配信

まんたんウェブ

 歌手で俳優の滝沢秀明さんが座長を務める舞台「滝沢歌舞伎2018」の名古屋・御園座公演が4日、初日を迎え、滝沢さんと、出演者で人気グループ「V6」の三宅健さんがゲネプロ後に取材に応じた。御園座には、2人の名前ののぼりが揚がったほか、御園座周辺の広小路通や御園通などには、同公演ののぼりや旗が数え切れないほど揚がり、滝沢さんは「歩くのが恥ずかしくて……」と照れ笑い。早速、写真も撮ったといい「これだけ(滝沢歌舞伎)一色にしていただいてうれしい。感謝です」とはにかんだ。

【写真特集】タッキー&三宅健 「Snow Man」の6人も! 名古屋に揚がったのぼりもずらり

 「滝沢歌舞伎」は、滝沢さんが座長を務める公演で「滝沢演舞城」として、2006年春に誕生。10年から滝沢さんが演出を手がけ、現在は「滝沢歌舞伎」として上演されている。東京のほか14年には福岡、15年にはシンガポールでも公演を行った。

 名古屋では、今回が初の上演で、今年4月に新装オープンした御園座のこけら落とし公演として上演。名古屋ならではの演出や、こけら落とし公演ならではの演出も盛り込まれた。歌とダンスを中心に、フライング、殺陣、プロジェクションマッピングを使った映像とダンスのコラボ、芝居など息もつかせぬ展開や、度肝を抜く演出で観客を楽しませる。

 滝沢さんはゲネプロを「新しい劇場なので、新鮮な気持ちでできています。気持ちいいですね」「客席と舞台の距離感がすごく近い」と振り返り、「ワイドに見えるので僕らの迫力が伝われば。フライングすると、ますます(客席と)近いので2階席の方も近く感じます。ジャニーズのエンタメを楽しんでいただきたい。みなさんといい時間にしたいですね」と自信を見せた。また「手羽先が大好き。毎日食べたい」と話し、約1カ月に及ぶ公演であることから「ファンの方から手紙とかで(名古屋の)おすすめ情報を教えてほしい」と話していた。

 ゲネプロのMCで「(近いから)お客さんのお化粧崩れまで分かっちゃう」とちゃめっ気たっぷりの笑顔を見せた三宅さんは「(お化粧崩れが分かるのは)冗談ですよ」と笑いつつ、リポーターに「お二人(滝沢さんと三宅さん)も見られてしまうが大丈夫か」と聞かれると「僕ら顔面クオリティー高いんで(大丈夫)」とジョークで切り返し、笑わせていた。

 会見には、同公演に出演するジャニーズJr.の6人組グループ「Snow Man(スノーマン)」の岩本照さん、深澤辰哉さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、阿部亮平さんも出席した。

 「滝沢歌舞伎2018」の名古屋・御園座公演は同所で30日まで。チケットは完売している。

最終更新:6/4(月) 22:18
まんたんウェブ