ここから本文です

韓国 きょうのニュース(6月4日)

6/4(月) 18:00配信

聯合ニュース

◇赤十字国際委員会総裁 北女性従業員問題解決で「役割果たせる」

 赤十字国際委員会(ICRC)のペーター・マウラー総裁は4日、2016年4月に中国内の北朝鮮レストランから脱出して韓国入りした女性従業員12人の送還を北朝鮮が求めている問題について、「中立的な仲裁機関として女性従業員の意思を確認できるなら、その役割を果たすことができる」と強調した。ソウル市内のホテルで行った聯合ニュースとのインタビューで発言した。女性従業員を巡っては、韓国情報機関の国家情報院(国情院)が朴槿恵(パク・クネ)政権時代に強制的に集団脱北させたとする疑惑が浮上しており、北朝鮮は女性従業員の送還を強く求めている。

◇6カ国協議の韓国首席代表 ロシアに向け出発

 北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長は4日、ロシア首席代表のモルグロフ外務次官と朝鮮半島の非核化問題を協議するため、同国に向け出発した。李氏は「現在、朝鮮半島の非核化のため、非常に重要な時期だ。モスクワを訪問し、さまざまな問題を協議する」と述べた。

◇訪日の全経連代表団 自民党に韓日スワップ再開を建議

 日本を訪問中の韓国経済団体、全国経済人連合会(全経連)の代表団は4日、自民党の二階俊博幹事長と竹下亘総務会長を表敬訪問し、韓日通貨交換(スワップ)の再開を建議した。通貨スワップは金融危機の際にドルなどの通貨を融通し合う取り決め。韓日スワップ協定は2015年2月に終了した。両国は16年8月に韓国側の提案で通貨スワップ再開に向けた協議を開始することで合意したが、昨年1月、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置の一つとして、日本側が協議を中断した。

◇韓国・聯合ニュース 北朝鮮専門ユーチューブチャンネルを開設

 韓国の国家基幹ニュース通信社、聯合ニュースは4日、南北首脳会談や朝米(米朝)首脳会談を機に世界から注目される北朝鮮に関するニュースをデジタル時代に合わせ、動画投稿サイト「ユーチューブ」の専門チャンネル「NKナウ」(North Korea Now)を通じて英語で発信すると発表した。北朝鮮に関する英語のニュースをユーチューブで発信するのは、韓国の報道機関で初めて。

最終更新:6/4(月) 18:00
聯合ニュース

あわせて読みたい