ここから本文です

デフ・レパード、『ヒステリア』の全曲再現&MOREの来日公演が決定

6/4(月) 11:06配信

BARKS

デフ・レパードの来日公演が決定。大ヒットアルバム『ヒステリア』の全曲再現&MOREの公演となる。

1987年にリリースされたアルバム『ヒステリア』は、3年間という実に気の遠くなるような時間をかけて制作された。およそ600万枚を売り上げた前作『炎のターゲット(PYROMANIA)』からのプレッシャーや、プロデューサーの交代、さらにはドラマーのリック・アレンが交通事故で片腕を失うという悲劇も襲い、彼らにとっては激動の時期だった。

『ヒステリア』は、苦労の甲斐あって、全米だけで1,200万枚、現在までに全世界で2,500万枚のセールスを記録する“モンスター・アルバム“となった。当時の最新テクノロジーを駆使して緻密に作り込まれたサウンドは、新鮮でなによりも収録曲そのものの(すなわちアルバム全体に渡って)完成度が抜群であったといえる。

日本においても、毎日のようにテレビやラジオで彼らの曲を目(耳)にするような状況だった。シングル・カットは7曲で、1stシングル「ウィメン」こそ全米80位とふるわなかったものの、2ndシングル以降はじわじわと順位を上げ、「シュガー・オン・ミー」は2位、そしてついに「ラヴ・バイツ」が1位を獲得する。ハード・ロックやヘヴィ・メタルのバンドがチャートを席巻するような時代であったとはいえ、彼らの成功は図抜けていたことは明白で、ジャンルを超越した支持を得ていたといえる。また、360°のラウンド・ステージを取り入れたワールド・ツアーも話題となり、デフ・レパードを取り巻く狂騒がしばらく続いたのであった。

時を経て2013年春、ラスヴェガスのハード・ロック・ホテルにてこのアルバムを完全再現するレジデンシー・ショーが開催され(全11公演)、コンサートを目撃できた“選ばれし人々”に全世界から羨望の眼差しが振り注いたことはいうまでもない。その公演の模様は映像商品『ビバ!ヒステリア』としてリリースされている。昨年には、同作品30周年を記念し限定盤スーパー・デラックス・エディションをリリース。あっという間に完売したという。

そのように、外堀を埋めていくような状況が積み重なった2018年初頭、ついにアルバム全曲再現のワールド・ツアーを行うことが発表され、世界中のファンが歓喜した。

そしていよいよ、その日本公演が決定。このアルバムの再現公演ほど「待望」ということばがふさわしいものがあるだろうか。各会場を埋めた多くのファンの笑顔が目に浮かぶようである。
ライブ・イベント情報
<DEF LEPPARD JAPAN Tour 2018>
【東京】
10/24(水) 日本武道館
チケット:S¥14,000  A¥13,000(税込)
一般発売:6/23(土)
問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp
【大阪】
10/26(金) Zepp Namibia
チケット:1F スタンディング(入場整理番号付)/2F 座席指定 ¥14,000(税込)
一般発売:6/23(土)
問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 udo.jp/osaka
【名古屋】
10/29(月) Zepp Nagoya
チケット:1F スタンディング(入場整理番号付)/2F 座席指定 ¥14,000(税込)
一般発売:7/7(土)
問い合わせ:CBCテレビ事業部 052-241-8118

最終更新:6/4(月) 11:06
BARKS