ここから本文です

【映像】米朝首脳会談6月12日に開催 トランプ大統領記者団に断言

6/4(月) 13:47配信

AP通信

ワシントン特別区、6月4日 (AP)― ドナルド・トランプ米大統領は6月2日、ホワイトハウスで金英哲朝鮮労働党副委員長と1時間20分にわたり会談した。金副委員長は、北朝鮮指導者として18年ぶりにホワイトハウスを訪問し、金正恩委員長の親書を手渡した。
 金副委員長を見送った後、トランプ大統領は待ち構える記者団の前に歩み寄り、一時中止かとみられた米朝首脳会談を予定通り6月12日にシンガポールで行うと発表した。「会談することになる。(会談は)非常に良い結果になると思う」と見通しを述べた。
 首脳会談は、先週のトランプ大統領の中止発言で暗礁に乗り上げたかにみられたが、同大統領はその翌日には会談実現の可能性を示唆した。
 金副委員長かつて、北朝鮮の対外諜報工作機関である朝鮮人民軍偵察総局長を務めたこともあり、韓国メディアによると、2015年4月に大将から上将に降格されたが、それでも金正恩委員長の右腕として米朝首脳会談の実現に向けた中心的役割を担う人物。その金副委員長がホワイトハウス入りするのは、2000年に趙明禄副元帥がビル・クリントン大統領と会談して以来18年ぶりになる。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/4(月) 13:47
AP通信