ここから本文です

首位と勝ち点5差も…J3鳥取、森岡隆三監督を成績不振で解任「混乱を与えて申し訳ない」

6/4(月) 15:55配信

ゲキサカ

 ガイナーレ鳥取は4日、戦績不振により森岡隆三監督(42)を解任すると発表した。後任には須藤大輔氏(41)が就く。

 公式サイトでコメントした塚野真樹代表取締役社長は、森岡監督の解任について、「現状のままでは掲げた目標である勝ち点50、得点50、失点30を達成することが困難であると判断し交代を決断致しました」と説明。

 鳥取は12節を終えて5勝3分4敗で勝ち点18。首位の鹿児島とは勝ち点差5の7位(鹿児島は1試合少ない)。今月2日の秋田戦に勝利し、順位を上げたばかり。得失点差は得点17、失点17でゼロだった。

 なお森岡氏は昨年から鳥取を指揮しているが、1年目は4勝9分19敗で最下位だった。

 志半ばでチームを離れることになった森岡氏は「今期はクラブとしても戦う体制が整い、チーム状態も上向きつつある中、チームを去ることは本当に無念であり、選手たちに混乱を与えてしまったことも申し訳なく思います。私自身、全てをかけ、チームの勝利のために努めてきたことに偽りはなく、後悔もありません。今はただ、チームがより前を向き、選手たちがこれまで以上にピッチで躍動出来るよう、心より願っております」とコメントした。

最終更新:6/4(月) 16:27
ゲキサカ