ここから本文です

BMWが新型Z4を部分公開 屋根はソフトトップを採用

6/5(火) 11:16配信

carview!

独BMWは6月4日、開発中の2シーターオープンスポーツカー、新型「Z4」について、テスト走行中の画像など一部情報を公表した。

>>新型「Z4」テスト走行映像を見る<<

南仏ミラマにBMWが保有する広大なテストフィールド。473ヘクタールにもおよぶその敷地にはオーバルから連続するコーナーまで様々なコースが用意され、バイエルンの各モデルはここで30年以上にわたって走行性能を磨き込んできた。

この伝統あるフィールドで現在最終的な調整が行われているのが新型Z4。今回公表されたイメージ写真は新型のストレートシックスを積むハイパフォーマンスグレードのM40iだ。

気になる走りについては、ライトウェイトスポーツの原点であるピュアなドライビングプレジャーの追求し開発を進めているとのこと。特にボディとサスペンションの剛性を向上させ、正確なハンドリングとナチュラルな減衰特性を実現しているという。

なおスタイリングについては、初代Z3同様にソフトトップを採用するのが注目のポイント。これは軽量化と低重心化の狙いもあるようだ。M40iではMスポーツブレーキや電子制御式デフロックを装備するという。

トヨタと共同で開発が進められ、「スープラ」と兄弟車になるとされる新型Z4だが、そのデザインは昨年公開された「コンセプトZ4」で示唆されたとおり、エレガントなたたずまいとなる見通し。新型の登場が今から楽しみだ。

株式会社カービュー

最終更新:6/5(火) 11:21
carview!