ここから本文です

駒ケ根高原自転車で周遊 レンタサイクル開始

6/5(火) 6:10配信

長野日報

 県南部でアウトドア関連産業に携わる関係者らでつくる南信州アウトドア協議会(SNOO)は今月から、駒ケ根高原でレンタサイクル事業を開始した。公共交通機関で来訪した観光客の2次交通を確保するとともに、自転車という新たな観光要素を取り入れ、周遊を促すことで市内滞在時間の延長を図る取り組み。タイヤ径の小さいミニベロと走破性の高いクロスバイクの2種類計10台を用意し、観光客に提供していく。

 観光客の大半が自家用車で来訪するという駒ケ根高原。観光協会の窓口には以前から2次交通についての問い合わせが多く寄せられ、名刹光前寺や養命酒製造駒ケ根工場など一帯の観光資源を結ぶ足の確保が課題となっていた。レンタサイクルはその打開策として企画。市内をゆっくり走ってもらうことで消費機会やリピーターの創出につなげる狙いもある。

 今年度は市からレンタサイクル実証事業の支援として70万円の助成を受け実施。ミニベロ5台は同市菅の台の市観光案内所、クロスバイク5台はSNOO事務局のアウトドアショップKで貸し出す。時間は午前9時~午後5時。料金は3時間2000円、1日4000円で、今年度は11月末まで営業する。貸し出しには身分証の提示が必要で、事前予約は受け付けない。

 SNOOでは今シーズン中に一帯のお薦めルートを掲載したマップを作成し、利用者に配布する考え。今後、電動アシスト自転車や利用者の移動をデータとして蓄積するためのGPS端末の導入も検討している。SNOOの木下啓代表(57)は「自転車で出掛けることで駒ケ根の良さを発見してもらいたい」と利用を呼び掛けている。

 問い合わせは駒ケ根観光協会(電話0265・81・7700)かアウトドアショップK(電話0265・98・9797)へ。

最終更新:6/5(火) 6:10
長野日報