ここから本文です

米メディアが「日本代表で活躍が不可欠な5選手」を紹介!カギを握るのは“10番”か

6/6(水) 11:41配信

GOAL

アメリカ『FOX スポーツ』が、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表において「活躍が不可欠な5選手」を紹介している。

長友、宇佐美、原口の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

アジア最終予選を首位で突破し、6大会連続でW杯を戦うことになる日本代表。最高成績であるベスト16を上回る結果を残すため、西野朗監督のもとで現在はオーストリア・ゼーフェルトで事前合宿を行っている。

大会を間近に控える中で『FOX スポーツ』のガブリエル・タン記者は、「W杯に臨む日本代表において活躍が不可欠な5選手」を紹介した。

1人目は守護神の川島永嗣。「ピーク時にはアジア最高のGK。ロベルト・レヴァンドフスキやハメス・ロドリゲスのようなワールドクラスのアタッカー相手に、ベストを尽くさねばならない」としている。

2人目は槙野智章。「欧州でプレーしていない選手の中で、数少ないスタメンの選手」と紹介し、「試合をよく読み、強烈なタックルもできる。左足でボールを持てることも利点」と評価した。

その他、柴崎岳、香川真司、武藤嘉紀を紹介。エースナンバー10を背負う香川については、以下のように考察している。

「何年も前から高い期待には応えられていないが、W杯のレベルでも、彼は試合の流れを変えることが出来る。

「次回のカタール大会では33歳になることを考えれば、今回がラストチャンス。ボールが足元にあるとき、ドルトムントのスターは魔法を生み出せる。チームメイトとのアタッキングサードでの連携は、少なくともノックアウトステージに進むためには不可欠だ」

コロンビア、セネガル、ポーランドと同居する厳しいグループに入った日本代表。これら5選手の活躍で、ラウンド突破、そしてそれ以上の結果を残すことができるだろうか。

GOAL

最終更新:6/6(水) 11:41
GOAL