ここから本文です

サヨナラ負けの日本ハム栗山監督、敗戦の責任背負う「監督が悪いので」

6/6(水) 22:18配信

デイリースポーツ

 「交流戦、広島4-3日本ハム」(6日、マツダスタジアム)

 日本ハムは守護神マイケル・トンキン投手が3-2の九回に崩れ、今季4度目のサヨナラ負け。首位・西武とのゲーム差は2に広がった。栗山監督は「監督が悪いので。みんな一生懸命やっている」と敗戦の責任を一身に背負った。

 初回に中田の先制の右前適時打から3点を奪い、試合の主導権を握った。先発の上沢もキレ味抜群の直球を軸に8回5安打2失点(自責0)、9奪三振の力投。しかし、頼みのクローザーが乱れた。

 先頭の丸に四球を与えると、鈴木の投ゴロを一塁へ悪送球。松山は三邪飛に抑えたが、二、三塁とピンチが広がったところで野間にサヨナラの中前2点適時打を浴びた。「リズムが崩れてしまった」とトンキン。主将の中田は「最後、守り抜けなかったことがそうなった原因だと思います。もっと集中してまた明日、頑張ります」と言葉を振り絞った。