ここから本文です

6日(水) 関東から近畿、一気に梅雨入り

6/6(水) 11:04配信

ウェザーニュース

 梅雨前線の北上に伴い、西日本や東日本は朝から曇りや雨のところが多く、6日(水)午前11時、関東甲信、東海、近畿地方の梅雨入りが発表されました。

平年より早い梅雨入り 早々に大雨の恐れも

 関東甲信は平年より2日、去年より1日早い梅雨入り、東海や近畿は去年より約2週間も早い梅雨入りとなりました。

 明日7日(木)から8日(金)にかけては前線が離れて停滞するため日差しの届くことがありますが、週末は南の海上にある熱帯低気圧の動きにより前線の活動が活発になります。特に10日(日)から11日(月)にかけては、梅雨入り早々、大雨の恐れがありますので、油断ができません。

梅雨明けは広い範囲で平年より早い見通し

 梅雨明けは、通常、南の地域から順に発表されますが、今年の太平洋高気圧は日本の南東海上から強まる予想。そのため、関東甲信から梅雨明けしていきそうです。梅雨明けは広い範囲で平年より早い見通しですが、九州では梅雨明けが平年より遅れる可能性があります。

 また、梅雨前線の北上は平年並みか早く、6月後半からは梅雨前線の活動が活発化。西日本を中心に大雨となる恐れがあります。

ウェザーニュース