ここから本文です

若き実力派女優・岸井ゆきの、大河に続き朝ドラに抜擢

6/6(水) 22:00配信

Lmaga.jp

平成30年度後期の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)の追加キャスト10名が発表。4日に「NHK大阪放送局」(大阪市中央区)で会見が開かれ、朝ドラ初出演となる女優・岸井ゆきのが登場した。

【写真】初主演作では「押しつぶされそうになった」と語った岸井

映画『ピンクとグレー』『友だちのパパが好き』や、ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- 』『レンタルの恋』、舞台『髑髏城の七人』など、テレビ・映画、舞台と様々な場で活躍する岸井。そのずば抜けた演技力が評価され、2016年の大河ドラマ『真田丸』では、真田信繁の側室・たか役を演じた。

本作で演じるのは、ヒロイン・今井福子(安藤サクラ)の姉・香田克子(松下奈緒)の長女として、今井家の事業を手伝う香田タカ役。「私が初めて大河に出たときの役名も『たか』だったので、素適な縁だなと思っています。すごい豪華な出演者のみなさんに囲まれて楽しみです。早く撮影に入ってがんばりたい」と話した。

撮影を前に、「(ほかのキャストと)おしゃべりしたいですね。大阪のおいしいものとか食べに行って、仲良くなりたい」と、ほかのキャストらとの交流を楽しみにした岸井。放送は10月1日からスタートする。

最終更新:6/6(水) 22:00
Lmaga.jp

あわせて読みたい