ここから本文です

雛形あきこの夫、天野浩成の個性的なキャラに明石家さんまも驚がく

6/6(水) 17:02配信

クランクイン!

 雛形あきこ、天野浩成夫妻が、5日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系/毎週火曜20時)に出演。天野の個性的なキャラクターと強烈な愛妻家エピソードに、司会の明石家さんまも驚がくした。

【写真】個性的なキャラだけどイケメン 「天野浩成」フォトギャラリー


 二人は2007年のドラマ『愛のうた!』での共演を機に交際をスタートさせ、2013年に結婚した。雛形によると、天野は普段あまり家事をしないという。天野本人は、掃除機をかけることは「音」がイヤだからできないのだとか。さんまから「ゴミ捨ては?」と聞かれると、彼は親指を立ててOKサイン。

 さんまから、「売りは何や、旦那としての売りは?」と質問された天野は、「除雪…」とポツリ。さんまはまさかの返答に「除雪!?」と聞き返し、「売りが除雪って初めて聞いた」とびっくり。「新潟とか雪国出身なの?」と尋ねられた天野は「いや名古屋です」と答え、さんまはポカン。

 そんな天野は日ごろ、雛形のことを「ママ」と呼んでいるといい、「ママのグッズをいろいろ集めている」と衝撃告白も飛び出した。さんまが「何言うてんの?」とあ然とする中、彼は結婚してから雛形のファンになり、写真集や抱き枕などを買っていると明かした。

 さらに、雛形の等身大パネルが大きすぎて配送できないことを知った天野は「今から取りに行こう」と雛形本人を誘い、名古屋にある店まで車で向かったという。雛形は「さすがに店までは行けない」と車の中で待機していたようだが、こうした雛形グッズを集める理由について天野は、「他の人が要らないんだったら僕が欲しい」と語っていた。

 さんまから「本人がいるやんけ、そばに、嫁として!」とツッコむと、天野はなぜか隣にいた雛形の腕をそっと触り、「あ、はい」。これにはさんまも「アホや…」と、新たなキャラクターを発見した目をしていた。天野は終始嬉しそうにしている訳を聞かれると、「(妻に)ついてこれるので…」と夫婦共演を楽しみにしていた模様。さんまは呆れていたが、雛形は「娘とも仲良くやっているのでありがたいです」と感謝していた。

最終更新:6/6(水) 17:02
クランクイン!