ここから本文です

はやぶさ2の現状 JAXAが会見 (全文3完)光学航法いかに正確に行うかが鍵

6/7(木) 16:22配信 有料

THE PAGE

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日午前11時から、小惑星「Ryugu」(リュウグウ)に向けて飛行を続ける小惑星探査機「はやぶさ2」の現在の状況について記者会見した。

 「はやぶさ2」は、イトカワから帰還した「はやぶさ」の後継機で、同じく小惑星の表面からサンプルを持ち帰ることがミッション。2014年12月に打上げられ、約3年半かけて目的地のリュウグウを目指す。6月3日には第3期イオンエンジンの連続運転を終了し、予定通りの航行を続けている。

 リュウグウは、地球に接近する軌道を持つ小惑星の一つで、大きさはイトカワの2倍弱の900メートル程度と推定されている。

     ◇     ◇

司会:はい、ほかに質問ある方。じゃあ、お願いします。

しんぶん赤旗:赤旗新聞【ナカムラ 00:46:34】と言います。今回到着予定がかなり絞られたってことですが、5月の初旬は220キロだった誤差がかなり縮まったことがそういうことだと思うんですけど、どれぐらいまで誤差、位置誤差が縮まったんでしょうか。

吉川:そうですね、先ほどのこの5月のスタートラッカはこれなんですが、このときが小惑星の位置誤差、3シグマで220キロメートルぐらい。で、一応このスタートラッカによる光学航法で、その誤差がだいたい半分程度になりました。 本文:9,125文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:6/11(月) 5:44
THE PAGE