ここから本文です

アイアン・メイデン、ステージでニコ・マクブレインの誕生日をお祝い

6/7(木) 12:58配信

BARKS

アイアン・メイデンが、6月5日(火曜日)デンマーク・コペンハーゲンで開いた公演で、この日66歳になったニコ・マクブレイン(Ds)の誕生日を祝った。

◆ニコ・マクブレイン画像、公演の様子

フロントマンのブルース・ディッキンソンは「レガシー・オブ・ビーストって点では、ある人について言及しておかないと。それはレガシー・オブ・ミスター・ニコ・マクブレインだ。今日は彼の誕生日だ」と、紹介。「ハッピー・バースデー」を歌い始め、オーディエンスと大合唱になった。

マクブレインは公演前に、ロウソクの代わりに、吹き消すことができないほど勢いよく噴出する花火を立てたケーキでお祝いもしてもらったそうだ。

マクブレインはこの数日前、フィンランドのKaaos TVのインタビューで「俺はこのバンドのグランダディだ。一番年上なんだよ。メイデンの前はいつも一番若いか、二番目に若かったのに。いまは、このバンドの賢い長老だ! 彼らは賢いってとこには賛同しないだろうけどさ」と、話していた。

アイアン・メイデンの中で一番の若手は、ブルース・ディッキンソン。彼は8月に60歳となる。

Ako Suzuki

最終更新:6/7(木) 12:58
BARKS