ここから本文です

【スターダム】岩谷麻優 退団イオに誓う「団体は自分が守る」

6/7(木) 17:43配信

東スポWeb

 女子プロレス「スターダム」は7日、都内で会見し、退団が決まった紫雷イオ(28)のラストマッチ(17日、東京・後楽園ホール)に出場する選手たちが意気込みを述べた。

 イオの希望により「壮行試合」では岩谷麻優(25)とのコンビ「サンダーロック」を約1年7か月ぶりに復活させ、極悪軍団「大江戸隊」(花月、葉月組)と対戦する。

 岩谷は「最後の仲間に選んでくれてうれしい。イオさんがスターダムに上がり始めてから、ずっと面倒を見てもらった。つらい時も楽しい時もそばにいてくれたお姉ちゃんのような存在で、自分の心も支えてくれた。寂しいし、心細いけど、自分がスターダムにいる限りこの団体は必ず自分が守ってみせます」と力強く誓った。

 サンダーロックは2015年度の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞最優秀タッグ賞にもノミネートされた名タッグ。イオも「最強で最高のタッグだった。お互いの成長のために離れたけど、この機会を使わないと実現できないと思った。最後のサンダーロックを目いっぱい楽しんで、連係を出したい」と一夜限りの再結成を心待ちにした。

 またサンダーロックはタッグ王座のゴッデス王者時代、ベルト防衛にするとキスをするのが恒例行事だった。「キスはあるのか?」と質問されると、2人は大爆笑で「会見で突っ込まれた時点でやらなきゃいけないじゃないですか…。テンション上がったらしちゃうかもしれないけど…期待はしないでください」(イオ)と話すにとどめた。

 一方、最後の対戦相手に選ばれた大江戸隊は「イオさんとずっとやってきて学んだこと、今大江戸隊で学んでいることを思いきりぶつけたい」(葉月)、「紫雷イオが抜けるのを一番ラッキーと思っているのはこの花月様。残る選手と去っていく選手の生きざまを見せたいと思う。自分はしっかり結果を残したい。別にハッピーエンドなんかいらない」(花月)と話した。

 3人の気持ちを聞いたイオは「去る者としての生きざまという部分で、花月と自分のプロレスを競わせたい。絶対に負けないし、最高峰を見せます」。なお同大会を最後に日本マットを離れ、WWE入りが確実視されている。

最終更新:6/7(木) 17:45
東スポWeb

Yahoo!ニュース特設ページ