ここから本文です

チョ・ジョンミン、日本での初ステージ「心で歌うことができました」

6/7(木) 15:43配信

サンケイスポーツ

 「喝采」「北酒場」などで知られる作曲家、中村泰士氏(79)がプロデュースする韓国人トロット歌手、チョ・ジョンミン(31)が7日、大阪市北区のフェスティバルホールで行われた「第四回大阪歌謡フェスティバル」に出演し、日本での初ステージを踏んだ。

 中村氏が作詞作曲したデビュー曲「あっぱ」(4月18日発売)を、初めて日本の舞台でキーボードを弾きながら熱唱。「緊張したけど、お客さまの笑顔に励まされました」と、約2700人の観客に感謝した。

 「あっぱ」とは韓国語で「お父さん」の意味で、「父は10年前に亡くなったのですが、中村先生はそれを知らずに提供されました」と振り返る。「心で歌うことができました。お客さまにも伝わったと思います」とニッコリ。

 韓国では数々の歌謡賞を受賞している歌姫だが、日本での単独コンサートをめざして「日本語をもっと勉強します」と誓った。