ここから本文です

渋谷龍太(SUPER BEAVER)×阿部真央の親密トーク「女の人のほうが男の300倍ぐらい強いと思ってる」

6/7(木) 17:48配信

トレンドニュース(GYAO)

GYAO!とJ-WAVE(81.3FM)がコラボレーションしたラジオ番組、『GYAO! CLUB INTIMATE』がオンエア中だ。(毎週金曜日 夜11時~)“インティメイト(親密)“な関係のアーティストとアーティストが紡ぐ音楽トーク番組は、ラジオで<音声>を楽しんだ後、その<映像>は映像配信サービス「GYAO!」にてオンデマンド配信(毎週金曜日夜11時30分~/30日間)で見ることができる。

渋谷龍太(SUPER BEAVER)×阿部真央、親密なトークを展開>>

第7回目(6月1日、6月8日)のゲストはSUPER BEAVERのボーカリスト、渋谷龍太と阿部真央。2人が出会ったのは何と今から12年前の2006年。『YAMAHA TEENS’MUSIC FESTIVAL』の決勝大会でC.C.Lemonホール(渋谷公会堂)のステージで共演したのが始まりだ。そこから今も交流が続いているだけあって、男女の違いから、異性にキュンとくるポイント、ライブ観など深くて面白いトークは止まらなくなるほど。まさに親密な関係ならではの聴き逃せない内容となった。

■男性はどこかロマンティック(阿部)

意外にも最近、革パンデビューしたという渋谷龍太。

「逆に今まで履いてなかったんだ?」(阿部)

「そう。自分の中ではカッコいいと思ってるんだけど、これ着るのはまだ早いとかない?」(渋谷)

「ああ、あるかも」(阿部)

 渋谷にとっての革パンのような初体験に阿部真央がドキドキした瞬間を引き出そうとして「初めてお化粧した時は?」、「初めてハイヒールをはいた時とか?」など、いろいろ質問するものの、なかなか予想通りの反応がなく、やっとたどり着いたのが「ウェディングドレス」という答えで「それは革パンどころじゃないかもしれない」と絶句。小さい頃から“どう見られるんだろう?”と周りの目を気にして心配していたという渋谷のエピソードから話は男女の違いへと発展していった。

「男と女の違いって俺は絶対にあると思っていて、根本的に女の人のほうが男の300倍ぐらい強いと思ってるの」(渋谷)

「生き物としてね。女性は子供産むしね。それはわかりますね」(阿部)

「女の人って急にジャンプアップするじゃない? 脅威だと思う。俺たち男性が死ぬまでたどり着けない領域に女子高生ぐらいでたどり着いてるんじゃないの? っていうのを勝手に思ってるんだよね」(渋谷)

「でも、私が渋谷さんになれなかったり、渋谷さんが私になれないのと一緒で歩んでない人生はわからないから、音楽の話に例えるとそこで見える違う景色を歌うからいいんじゃないですかね。やっぱり、男性が書く歌詞ってどこかロマンティックを最後まで壊さない部分がある。そこが救いになったりするんだよね」(阿部)

「リアリティを追求しすぎないというか、ゴールのゴールまで行かないところはもしかしたらあるのかもしれない」(渋谷)

「女性アーティストは私もそうですけど、わりと生々しい表現をする人が多いというか“わー、そこ言うんだ”って。でも、それはそれでいい。女性が歌うからいいかもしれないけど」(阿部)

1/3ページ