ここから本文です

西野ジャパンに苦言!秋田豊がキャプテン・長谷部のCB起用に物申す!<秋田豊のクールヘッド解説>

6/7(木) 22:25配信

テレビ東京スポーツ

秋田豊のクールヘッド解説 ロシアW杯本大会に臨む西野ジャパンについて

日本代表発表会見を取材して

西野監督はこの時点でベストなメンバーを選択したと思います。ということはつまり、若い選手がほとんどいない。4年後の若手の成長を見据えた経験を積むということが、ほとんど今回のW杯ではできない状態。日本のサッカー界が少し後退してしまうのかなという印象はあります。

W杯は1試合ごとに日にちが空くので疲労が残らないと思われがちだが、今回のW杯は2試合目と3試合目の間が非常に短い。そう考えると、回復の早い若手を使わないと、
疲労を取るのに非常に苦労し、本来の自分達の力が出せないと思います。中心となるのは、大島僚太選手でしょうね。
センターバックはスペシャルなポジションなのでパッとやってパッとできるものじゃないので長谷部をセンターバックで使うのは厳しい。本職の人がやるべきではないか。

秋田豊
1970年8月6日生、愛知県名古屋市出身
1993年鹿島アントラーズ入団、以後、鹿島黄金時代のメンバーとして数々のタイトルを獲得。
1998年、2002年 W杯日本代表として、当時のアルゼンチン代表バティストゥータや、98年W杯得点王に輝いた元クロアチア代表シュケルなど、世界のトップストライカーと互角に渡り合う。
一対一、ヘディングが強い日本を代表するセンターバック。
「ヘディングだけで家を2軒建てた」という逸話も。

テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー