ここから本文です

スティーヴ・モーズ「ディープ・パープルのメンバーは完全には引退しないと思う」

6/8(金) 15:33配信

BARKS

2017年春、最後のツアーになると言われる<The Long Goodbye>ツアーをスタートしたディープ・パープルだが、ギタリストのスティーヴ・モーズは、ツアー終了後、どんな形であれ、メンバーが完全に引退することはないと考えているそうだ。

◆ディープ・パープル画像

モーズは、Koztimes.comのインタビューでこう話したという。「僕にとっては、個人的には、これはフェアウェル・ツアーだ。他のメンバーに関して言えば…、僕は、彼らはプレイし続けると思うよ。違うグループでかもしれないし、スペシャル・プロジェクトだったり、ゲスト出演ってことかもしれない。僕も音楽の世界に留まり続けるつもりだ。でも、いまほど活動的にではない。長い間、音楽が人生で一番大事な場所にあったんだ。それをある日突然、捨てるなんてことはできないよ。僕は、彼らはリタイアしないと思う。彼らはベッドの上よりステージで死にたいはずだ」

“グッドバイ”とのタイトルが付けられたが、これがディープ・パープルの最後のツアーになるのか、正式な発表はなされていない。また、ツアーは2年目に突入し、まだ終わりは見えない。

バンドは現在、ヨーロッパ・ツアー中で、8月後半からジューダス・プリーストとの北米ジョイント・ツアーに乗り出す。その後、10月には日本ツアーが開催される。

Ako Suzuki

最終更新:6/8(金) 15:33
BARKS