ここから本文です

NuPrime初のCDトランスポートCDT-8を発売。DSD11.2MHzで変換出力も可

6/8(金) 16:50配信

Stereo Sound ONLINE

ボディはアルマイト処理したアルミニウム製

 フューレンコーディネートから、NuPrime(ニュープライム)のCDトランスポート「CDT-8」が6月20日に発売される。価格は12万円(税別)。

【画像】シルバーモデルも用意

 本機はNuPrime初となるCD専用のトランスポート(SACDは非対応)。ディスクドライブはCD専用とすることで不要な振動を抑えているという。また、デコードシステム全体をマスタークロックで制御することで、低ジッターを実現している。

 音声信号の読み取りにはARM製チップ「LPC2103F」を採用し、高精度なリードを行なう。

 さらに、サンプリングレートコンバーターを搭載しており、CDの音声信号をPCM 44.1kHz~768kHzもしくはDoP256(DSD11.2MHz)にアップサンプリングした上で出力可能となっている。

 接続端子はデジタル音声出力を4系統(同軸、光、AES/EBU、I2S)装備する。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:6/8(金) 16:50
Stereo Sound ONLINE