ここから本文です

日本vs世界!卓球・ジャパンOP本戦スタート 石川佳純、母国開催の今回はリベンジに燃える

6/8(金) 11:48配信

テレビ東京スポーツ

 ITTFワールドツアーで唯一、日本で開催される「ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯」<6月6~10日/福岡県北九州市>が7日に予選を終え、8日から本戦に入る。実施されるのは男女シングルスおよびダブルス、混合ダブルスの5種目。混合ダブルスは東京2020五輪での新採用が決まっているため、ITTFワールドツアーでも前戦中国オープンから採用された。

【動画】ワールドツアー・ジャパンOP 石川佳純 会場練習

 女子シングルス本戦には10人の日本人選手が出場する。第1シードは石川佳純(全農)。やはり第1シードで臨んだ前戦中国オープンではまさかの初戦敗退となっただけに、母国開催の今回はリベンジに燃えている。また初戦の注目カードは15歳の長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)vs 陳幸同(中国)。過去ダブルスでの対戦はあるがシングルスでは初対戦の二人。若い長崎のパワーと技術が中国のトップ選手にどこまで通じるか必見だ。他にも中国勢は前戦中国オープン女子シングルスを制した王曼イクや世界卓球2018スウェーデン、中国代表の劉詩ブンらが出場しており強敵ぞろいだ。

【女子シングルス本戦出場 日本人選手】WR=世界ランク
石川佳純(全農)WR4
伊藤美誠(スターツSC)WR6
平野美宇(日本生命)WR7
佐藤瞳(ミキハウス)WR14
早田ひな(日本生命/希望が丘高校)WR16
加藤美優(日本ペイントホールディングス)WR20
長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)WR52
安藤みなみ(専修大学)WR64
大藤沙月(ミキハウスJSC)WR81
木原美悠(JOCエリートアカデミー)WR84

テレビ東京