ここから本文です

ジープ レネゲードの2019年モデルが披露。ダウンサイジングされた新ユニット搭載

6/14(木) 10:02配信

carview!

ジープは6月6日、同日に開幕したトリノモーターショーにおいて、コンパクトSUV「レネゲード」の2019年モデルを披露した。

>>各所が新デザインとなった「レネゲード」2019年モデル<<

世界的に人気が上昇しているコンパクトSUVセグメントに、ジープが2015年に投入したレネゲード。エントリーモデルながらクラスを超えたラギッドな存在感で導入以来、人気を博している。

そのレネゲードが改良を受け、2019年モデルとして披露された。エクステリアは、新デザインのバンパーとLEDを用いたヘッドランプが与えられ、リアコンビネーションランプにも新たなデザインが取り入れられている。

パワーユニットは、現在日本にも導入されている1.4Lリッターターボと2.4リッター自然吸気エンジンはカタログ落ちとなり、ダウンサイジングした1リッターと1.3リッターの新世代ユニットが搭載される。これらのエンジンは排気量は縮小したものの、最高出力と燃費は現行モデルに比べて向上しているという。

株式会社カービュー

最終更新:6/14(木) 10:21
carview!