ここから本文です

ANA、ガラケーサイト6月末終了 19年4カ月で

6/9(土) 13:53配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は、「ガラケー」と呼ばれる従来の携帯電話(フィーチャーフォン)用ウェブサイトを6月30日を最後に廃止する。スマートフォンの利用増加と、ガラケーユーザー減少によるもの。1999年2月のサービス開始から、約19年4カ月で幕を閉じる。

 ANAのガラケー用サイトは、1999年2月22日にNTTドコモ(9437)の携帯電話向け情報サービス「iモード」のスタートと同時に開設。当初は国内線の予約や空席照会、発着案内などから始まった。

 その後はクレジットカードによる航空券決済にも対応。2004年10月1日には、開設以来5年ぶりに全面リニューアルを実施し、ANAのウェブサイト「ANA SKY WEB」と同様の機能が使えるようになった。2006年7月14日には、国内の航空会社が運営するケータイサイトでは初めて、通販に対応した。

 現在はNTTドコモ、KDDI(9433)、ソフトバンクの3社に対応。ANAのガラケーサイト向けサービス「ANAマイレージクラブモバイルプラス」の契約は、サイト運用最終日の6月30日を最後に自動解約になるという。

 ANAでは、今後はスマートフォン用サイトやアプリの利用を呼びかけている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:6/9(土) 13:53
Aviation Wire