ここから本文です

ヤンキース田中、本塁激走で緊急降板 8勝目ならず

6/9(土) 10:05配信

スポーツ報知

◆メッツ―ヤンキース(8日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手(29)が8日(日本時間9日)、敵地のメッツ戦に先発。5回を投げ、初回先頭のニモに本塁打を浴びた1安打1失点に抑えたものの勝敗はつかず、8勝目はならなかった。

 DHが使えないため「8番」に座った田中。開始から2球目をニモに右翼二階席への特大アーチを許した。しかし、これで目が覚めたのか、続く3者を連続三振。2回以降も絶好調で、5回にブルースに四球を与えたものの続くメソラコを遊ゴロ併殺打に仕留め5回まで1安打8奪三振で残塁0の安定感だった。

 ところが、6回に一塁ゴロをゴンザレスがはじき失策で出塁。その後満塁となってジャッジの右翼へのフライでタッチアップ。途中よろめきながらも必死の形相で同点のホームインした。そのままベンチに戻るとナインとハイタッチしたままベンチ裏に入った。その裏マウンドに上がったのはホルダー。田中に走塁によるアクシデントがあったのか、日本人先発投手で唯一、故障者リスト入りしていない右腕が気に掛かる。

最終更新:6/9(土) 10:12
スポーツ報知