ここから本文です

極東最大級 米軍岩国基地に入ってみた(2) 艦載機移転から1か月、市に寄せられた騒音苦情件数は3700件超え(新聞うずみ火)

6/9(土) 6:04配信

アジアプレス・ネットワーク

◆ 基地内に「街」出現

基地に入ると、新築の集合住宅が整然と並び、学校や教会、ショッピングセンターのほか、テニスコートや映画館などの娯楽施設もある。大きな街がそこにあった。(新聞うずみ火・矢野 宏、栗原佳子)

「滑走路の沖合移設に2500億円、拡張工事と合わせると8000億円もの思いやり予算がつぎ込まれました。私たちの税金です」と、瀬戸内ネット顧問で元県議の久米慶典さん(62)。さらに、1棟の建物を指さし、こう言い添えた。「あの家族住宅の建設費は24億円。44世帯ですから1戸あたり5500万円という計算になります」

艦載機移設に伴い、岩国にやってくる軍人・軍属と家族をあわせると3800人。市内で暮らす米軍関係者は1万人を超え、市の人口の1割近くを占めることになる。
 
「基地内に建設されたのは760戸。基地に近い高台の愛宕山には262戸の将校用の米軍住宅が整備されています。こちらは1戸当たり7000万~8000万円です」
いつもは軍用機が並ぶ駐機場がピクニックエリアになっており、シートを広げた家族連れやカップルがアメリカンスタイルのピザやステーキなどを食べ、くつろいでいる。
 
メイン会場には、戦闘機や輸送機、ヘリコプターなどが展示され、大勢の来場者でごった返していた。米兵が戦闘機前に立っていて、若い女性や家族連れの求めに応じて写真に収まっていた。

「かっこいい」「日本を守ってくれているから」
銃を持った米兵に幼い子を抱かせ、カメラを向ける若い父親もいた。

だが 「フレンドシップデーは、私たち岩国市民にとって屈辱の日です」と、「愛宕山を守る会」世話人代表でもある岡村寛さん(74)がつぶやく。

◆ 夜間訓練の懸念

突然の爆音。上空を見上げると、戦闘機が空を切り裂くような重低音をまき散らしながら滑空している。F35Bのデモンストレーション飛行だ。市外から訪れる人たちには非日常の空間も、岩国市民にとっては日常。艦載機移転から1か月、4月中に市へ寄せられた騒音苦情件数は過去最高の3700件を超えたという。

 「いま懸念しているのが陸上空母離着陸訓練(FCLP)です」と、久米さんは指摘する。

「滑走路を空母の甲板に見立て、艦載機が滑走路に接地し、すぐまた上昇する『タッチアンドゴー』を繰り返す訓練で、いま硫黄島で実施していますが、これまで厚木でも行われました。当然、岩国で行われる可能性があります」

さらにFCLPのあと、パイロットは空母への着艦資格を取得するための訓練(CQ)を義務づけられており、岩国で夜間の離発着が増える可能性が懸念されている。

1/2ページ