ここから本文です

「ピチカート・ファイヴをもう一度」と言われるけど… 小西康陽が語る、凄い十人の女

2018/6/9(土) 7:03配信

BuzzFeed Japan

細川ふみえ「スキスキスー」

細川さんはイタリアの女優さんみたいな人。すごく色気があって、自分でもわからないうちに、それを振りまいている。「スキスキスー」はそんなイメージでつくった曲です。

でも当時、ピチカート・ファイヴの仕事が忙しくてアレンジができなくて、福富幸宏さんにお願いしたんです。

実を言うと僕はこのアレンジがずっと気に入ってなかったんですけど、最近になって考えが変わりました。

去年、サントリーのウーロン茶のCMで「スキスキスー」が使われたんですよ。細川さんが自ら歌われて。

年末にその広告代理店の忘年会パーティーでDJをしたんですけど、スペシャルゲストが細川ふみえさん。めちゃくちゃお綺麗でビックリしました。時間が止まってるのかと思うぐらい。

すごく盛り上がって、みんなワーッとなって。で、その時、福富さんのアレンジで良かったんだと思いました。僕がアレンジしたら、クールすぎる感じになっちゃったかもしれないし。

Negicco「アイドルばかり聴かないで」

Negiccoの「アイドルばかり聴かないで」は、ここ10年の間に僕がつくった曲では一番、気に入ってます。

あの曲は、「夢中になれるものがある人生が一番」「オタク万歳!」って曲なんですよ。

ムッシュかまやつさんの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」と同じことを歌っている。ムッシュと違って僕の方はちょっと自己韜晦が入っているというか。

Negiccoの魅力はアマチュアな面とプロフェッショナルな面を両立して持っているところ。そういう意味ではアイドルの理想型ですよね。

仕事をたくさんやってると、どうしてもプロになっちゃうところがあるでしょう。だけどファンはいつまでもアマチュアでいてほしい。Negiccoは知ってか知らずか、両面を持ち続けてる。

アイドルブームだからって、アイドルを踏み台のひとつだと考えている人がいるじゃないですか。そんな子は絶対に売れるわけがない。ファンにもすぐわかっちゃうと思うし。

Negiccoにはそういうところが全然ない。ああいう人たちがアイドルをやってるのは、ファンもすごく嬉しいですよね。

2/6ページ

最終更新:2018/6/10(日) 10:41
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事