ここから本文です

17年度「総世帯」サプリ支出、2.7%増に -統計局-

6/9(土) 11:10配信

健康産業新聞

総務省統計局がまとめた2017年度の家計調査報告で、「総世帯」の健康食品支出額は、前年度比2.7%増とプラスになった。一人暮らし世帯がサプリメント支出を増やした。

健康産業新聞(UBMジャパン)

「総世帯」の17年度消費支出は、1世帯1ヵ月あたり24万5,388円で、前年度比は、実数と比較した「名目」で1.6%増、物価変動を考慮した「実質」で0.7%増。品目別にみると、不漁もあり「生鮮魚介」が9.1%減と落ち込んだほか、「野菜・海藻」「生鮮果物」「教育」「宿泊料」などが伸び悩んだ。

錠剤やカプセルなどサプリメント形状の健康食品を中心とする「健康保持用摂取品」の支出額は1 世帯1ヵ月あたり1,211円。前年度比は名目で2.7%増とプラスになった。

世帯類型別にみると、「2人以上世帯」は1,268円で前年度比0.2%増と横ばいだったが、「単身世帯」が1,093円で同9.3%増と伸長した。

「2人以上世帯」での支出推移をみると、健康食品は上半期に増減を繰り返し、17年11月から5 ヵ月連続のプラスとなっている。

最終更新:6/9(土) 11:10
健康産業新聞