ここから本文です

高橋未奈美&佐倉綾音が語る!「性別が言い訳にならない」友情の先にある女子同士の恋愛

6/9(土) 10:00配信

Movie Walker

女子高生同士のピュアな恋と友情を描いた、人気コミック「加瀬さん。」シリーズのアニメ『あさがおと加瀬さん。』の劇場公開が6月9日(土)よりスタート。本作で内気な緑化委員の山田結衣を演じた高橋未奈美と、陸上部のエースで人気者の加瀬友香に扮する佐倉綾音に直撃インタビュー!劇中の“山田”と“加瀬さん”さながらガッツリ共演するのは今回が初めてという2人に、キャラクターの魅力や劇中で描かれる女子同士の恋愛について語ってもらった。

【写真を見る】高橋未奈美と佐倉綾音の仲良しショット!

■ 「女子高生のリアルな青春も描いています」(高橋)

――本作では付き合い始めたばかりの山田と加瀬さんの物語が展開されます。どこに注目してほしいですか?

高橋「女の子同士の恋愛ということで百合作品ではあるのですが、絆や友情など、女子高生のリアルな青春も描かれています。3本立てになっていて、最初の2つは付き合い始めたばかりのワクワク感とか笑顔の描写が中心で、3つ目になると進路など、悩む場面が多くなります。ふたりがいろんな表情を見せるので、そこに注目してほしいですね」

佐倉「たまたま好きになった人が互いに女性だったというお話で、ふたりの恋愛が瑞々しく爽やかに描写されています。もちろん、『女の子同士だけどどうしよう』と悩んだりもしますが、それが重たいテーマになることはないので、ストレスなくご覧いただけるかと思います」

――山田と加瀬さんの魅力を教えてください。

佐倉「加瀬さんはカッコいいです!周りが見えていて人気者で、スポーツができて、何でも持っている人。ただ、もろいところもあって、山田の前ではそういう部分が出るのも彼女の魅力の一つです」

高橋「山田はとにかく真っすぐで、やってあげている感がないところがすごいですね。草花のお世話もそうですけど、加瀬さんに対してもお弁当を作りたいから作っているのであって、だから加瀬さんがいなくても『いないのか~。せっかく作ったのに…』ってならないんです。でも、浮かれる気持ちがないわけではなく、引っ込み思案だけど、根底にある感情の豊かさかも魅力的ですね」

■ 「大好きな山田をこういう気持ちにさせたい、させたくない」(佐倉)

――それぞれ演じる上で意識したことは?

高橋「すごくナチュラルな作品なので、とっさの反応や受け取り方も、そこまで過剰にないように注意しました。アニメーションっぽくならないように、リアルな女子高生ならどういう反応をするかなって考えていましたね」

佐倉「私は基本的に、男性や女性という前に、一人の人間としてキャラクターを捉えることが多いので、特にイケメンに演じようなどは気にしなかったです。大好きな山田をこういう気持ちにさせたい、させたくない、といった純粋な感情を拾った時に加瀬さんという人物が完成するのかなと思っています」

■ 「佐倉さんと加瀬さんが似ているのは“顔”です!」(高橋)

――お互いに、高橋さんと山田、佐倉さんと加瀬さんの似ているなと思うところはありますか?

高橋「これ、いろんなところで言い過ぎたよね(笑)」

佐倉「そう、言い過ぎてだんだん恥ずかしくなってきた…」

高橋「佐倉さんと加瀬さんが似ているのは“顔”です!あと、佐倉さんはいろんなものを持っている人だと思います。たくさんの人に愛されていて、自分のやりたい信念があって、なんていうか…技?話術やお芝居の力もあるので、みんなが憧れる人かな」

佐倉「付き合いがまだ短いので、こういう幻想を抱いているんだと思うんですけど(笑)」

――これから交流を深めていくと新たな発見があるかもですね。高橋さんと山田ではいかがですか?

佐倉「高橋さんと山田は、本当に似ていなくて…(笑)高橋さんはとにかく明るくて、輪の中心にいるような感じなんです。山田とは対極なので、巻き込まれ体質で大人しい山田をどうやって演じるのかなと思っていました。でも、マイクの前に立つとちゃんと山田で、パッと切り替わる瞬間がすごいです」

■ 「『百合』の設定のどこに重きを置くかでテイストが変わる」(佐倉)

――佐倉さんは以前から原作を読まれていたそうですが、どのようなところに惹かれましたか?

佐倉「百合作品って、『百合』の設定のどこに重きを置くかでテイストが変わってくるのかなと思うんです。例えば、女の子同士の恋愛に否定的な人物が出てきてLGBT的な問題をからめて進んでいく作品もあれば、ただ女の子同士がイチャイチャしているのを楽しむ作品もあります。『加瀬さん。』シリーズは女子同士の人間関係で悩むこともなければ、必要以上にベタベタして読者に媚びることもなく、読んでいてポジティブになれる、幸せな気持ちにしてくれる作品ですね」

――佐倉さんは百合作品をよく読まれるそうですね。

佐倉「異性だから理解できないという甘えが通用しないところが好きです。性別が言い訳にならない恋愛が友情とどう違うのだろうとか、友情の一線先にあるものを描いているところに惹かれるんだと思います」

――高橋さんはオーディションを受ける際に、原作を読まれたそうですが。

高橋「百合作品だと思って読みはじめたのですが、途中から女の子同士ってことを忘れてのめり込みました。ふたりがこの先どうなっていくんだろうって、ワクワクしながら読んでいましたね。キュンキュンする場面もあって、『このふたりが上手く行きますように!上手く行きますように!』って祈りたくなる、永遠にふたりに幸あれって思える作品でした」

■ 学生時代のふとした瞬間を思いだす作品

――劇中では学校生活や修学旅行も描かれています。学生時代の思い出を教えてください。

高橋「修学旅行とか特別な行事はもちろん印象に残っているんですけど、本作を通して昼食の時にみんなで集まってお弁当を食べていたな~って思い出しました」

佐倉「みんなで向かい合わせで机くっつけてね」

高橋「あと、山田じゃないけど、学校っていつも花が咲いていたイメージがある」

佐倉「ああ、そうかも。誰が管理してたんだろう?」

高橋「思い返すと、毎朝『おはようございます』って校門をくぐってきれいな花が目に入ってくるのはすごく良い環境ですよね。この作品を観た時に、そういえば学校って緑とか花に囲まれていたなって思い出して、管理していた人に『ありがとう』って気持ちになりました。私の学校の山田ありがとう!って(笑)」

山田と加瀬さんの淡い恋模様がナチュラルに描かれた本作。懐かしい学校の風景を思い返しながら、ふたりが紡ぎだす純粋な気持ちにドギマギすること間違いなし!(Movie Walker・取材・文/トライワークス)

最終更新:6/10(日) 16:38
Movie Walker