ここから本文です

【クインテット】柔術軍団カルペディエムが優勝、チーム所英男は一回戦敗退

6/10(日) 0:17配信

イーファイト

ラバーランド
「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO -Light Weight Team Championship-」
2018年6月9日(土)東京・ディファ有明

【フォト】膝十字固めを渾身の力で極めようとする所

 4月の旗揚げ大会に続き第2回となる『QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO -Light Weight Team Championship-』が6月9日(土)東京・ディファ有明で開催された。

 桜庭和志(48=フリー)がプロデュースする本イベントは5人でチームを結成し、グラップリングルール(打撃無し、組み技のみ)による勝ち抜き戦で勝敗を争う。今大会では5人の合計体重が360㎏以下に設定され、4チームがトーナメントに参加した。

 かつてZSTで活躍したZST四兄弟を中心に、所英男が音頭を取って結成された「TEAM TOKORO PLUS α」は1回戦で日本柔術界の最強チーム「TEAM CARPE DIEM」と対戦。先鋒の伊藤盛一郎(TOKORO)と杉江“アマゾン”大輔(CARPE DIEM)、次鋒の今成正和(TOKORO)とデヴィット・ガルモ(CARPE DIEM)が引き分けに終わり、所は中堅戦で松本義彦と対戦する。

 松本の下および背後からの攻めをしのいだ所はアームロック、終了間際の膝十字と見せ場を作るが、一本には至らず時間切れ。

 副将戦の小谷直之(TOKORO)vs世羅智茂(CARPE DIEM)、大将戦の矢野卓見(TOKORO)vs岩崎正寛もやはり引き分け。全試合引き分けで両チームに出された指導の数も同数であったため判定となり、結果はCARPE DIEMが勝利した。

 決勝戦はこのCARPE DIEMTEAMと、1回戦でU-ZUKIDOに勝利したTEAM HALEOとの争いに。
 
 ここで大奮闘したのが2017年ムンジアル世界柔術選手権黒帯ライト級準優勝のホベルト・サトシ・ソウザ(HALEO)。CARPE DIEMTEAMのデヴィット・ガルモ、松本義彦をチョークスリーパーで下し、副将の岩崎正寛と引き分けて、大将・世羅智茂(CARPE DIEMTEAM)を引きずり出した。
 
 しかし世羅は副将・徳留一樹(HALEO)に33秒、腕十字固めで秒殺一本勝ちを披露し、大将・金原正徳(HALEO)との大将対決へ持ち込む。互いに譲らないハイレベルな攻防が繰り広げられた試合は引き分けとなったが、試合全体で出された指導の数はHALEOが2、CARPE DIEMが0であり、これによりCARPE DIEMが優勝を果たした。

最終更新:6/10(日) 13:48
イーファイト