ここから本文です

柿谷流出危機のC大阪 元U―17豪州代表FWに食指

6/10(日) 7:52配信

スポニチアネックス

 FW柿谷の流出危機に立たされているC大阪が、オーストラリア1部メルボルンに所属する元U―17オーストラリア代表FWピアース・ウォーリング(19)の獲得に向けて交渉していることが9日、分かった。

【写真】妻の丸高愛実とファッションショーに出演する柿谷

 5月下旬に練習参加していた身長1メートル85の長身FWは、今季のACLでゴールを決めており、父がオーストラリア人で母が日本人のハーフ。過去に福岡に住んでいたことから日本語は堪能で、高さと強さを持ち合わせており、関係者の間で才能と将来性を高く評価されていた。

 C大阪はクラブのエースナンバーである背番号8を背負う柿谷がG大阪から正式オファーを受けており、今夏に移籍する可能性が浮上。現在は全力で慰留に努めている。