ここから本文です

大型で強い台風5号 沖縄から離れ、あす午後関東に接近

6/10(日) 11:17配信

ウェザーニュース

 大型で強い台風5号は、10日(日)15時現在、南大東島の東北東約120kmを北東に進んでいます。大東島地方が風速25m/s以上の暴風域から抜けました。

▼台風5号 10日 15時現在
 大きさ階級  大型
 強さ階級   強い
 移動     北東 35 km/h
 中心気圧   970 hPa
 最大風速   35 m/s
 最大瞬間風速 50 m/s

 最大瞬間風速は北大東で28.3m/s、南大東で25.9m/sを観測しています。

 台風は今後も北東に進み、南大東の雨風は段々と収まる見込みです。明日11日(月)朝には東海沖へ進み、午後に関東に最も近づいた後、明後日12日(火)にかけて日本の東海上に進み温帯低気圧に変わる予想となっています。

12日(火)にかけて強雨に注意

 本州などでは台風直撃の可能性は低いものの、停滞する梅雨前線や、西から近づく寒気により、局地的に雨雲が発達するとみています。10日(日)から11日(月)にかけて、西日本や東日本の太平洋側で局地的な強い雨が降るおそれがあります。また、11日(月)以降は北日本でも雨が強まる所があるため、注意が必要です。

※台風の名前「マリクシ」:「速い」を表すフィリピン語。台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

ウェザーニュース