ここから本文です

【MLB】元Gマイコラスは「日本で何を学んだ?」 米メディア注目、15億超の価値とも

6/10(日) 20:24配信

Full-Count

マイコラスは“超お買得”? 米メディアは球宴選出も有力視「答えは『YES』だ」

 開幕からメジャーで圧巻の活躍を続けるマイルズ・マイコラス投手。巨人からカージナルスに移籍した右腕は、12試合登板で7勝1敗、防御率2.27という好成績をマーク。すでに初のオールスター出場も有力視されている。ここまでのパフォーマンスを受けて、米国では日本での“成長“にも注目が集まっている。米メディア「ジ・アスレチック」は、マイコラスが日本で学んだことに焦点を当てた特集を掲載した。

【動画】チームメイトも思わず絶叫…”生きたトカゲ”を豪快に食すマイコラス

 マイコラスは7日(日本時間8日)の本拠地マーリンズ戦でも7回3安打1失点(自責0)と快投し、7勝目をマーク。チームは東地区最下位に沈むマーリンズ相手に連敗を喫して第3戦を迎えていたが、マイコラスが悪い流れを止めた。

 この結果を受けて、新加入の右腕が初のオールスター出場に前進したと見られている。「ジ・アスレチック」では「マイコラスはカージナルスの『ストッパー』になったのだろうか? そして彼はオールスターに出場するのだろうか」と問いかけた上で「今のところ、答えは『YES』、そして『YES』だ」と言及。さらに、セイバーメトリクスの指標「WAR」に基づいて米データサイト「ファングラフス」が価値を見積もった結果、「各シーズン1420万ドル(約15億5500万円)」と算出されたことも紹介している。

 マイコラスは2年総額1550万ドル(約17億円)という契約でカージナルスに加入しただけに、まさに“超お買得”ということになる。記事では、「恐らく、彼はオフシーズン最高の契約だ」と分析している。

 来日前にはパドレス、レンジャーズの2球団で37試合登板(10先発)、4勝6敗、防御率5.32という成績だった右腕。巨人での3年間でいったい何が変わったのか。多くの米メディアが注目し始めているが、この特集では「簡単に言ってしまえば彼は日本で大金を稼ぎ、非常に、非常に多くの試合で登板した」と指摘。そのうえで、細かい分析も行っている。

1/2ページ

最終更新:6/11(月) 11:03
Full-Count