ここから本文です

McAfee SkyhighとAkamaiを組み合わせた、クラウド利用での情報漏えい対策(CTC)

6/11(月) 8:00配信

ScanNetSecurity

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は6月8日、セキュリティ対策が脆弱なクラウドへのアクセスを遮断する情報漏えい対策ソリューションを、同日より提供を開始したと発表した。アクセスを遮断するための設定オペレーションサービスやクラウド利用状況のレポートなどの運用サービスも提供する。価格は1,000ユーザで年額1,000万円(税抜)から。同社では1年間で20社の導入を目指す。

同ソリューションは、クラウドサービスに関する膨大なリスクデータベースを持つマカフィー社の「McAfee Skyhigh Security Cloud for Shadow IT(Skyhigh Shadow IT)を可視化と分析で活用し、リスクのあるサービスを検知した際には、ドメイン・IPアドレスごとに効率的なインターネットアクセスの管理を可能にするAkamai Technologies社の「Enterprise Threat Protector(Akamai ETP)」でアクセスの遮断を行う。

(吉澤 亨史)

最終更新:6/11(月) 8:00
ScanNetSecurity