ここから本文です

鈴木敏夫「言葉の魔法展」が愛知&石川へ、名古屋オリジナル缶バッジ付き券も

6/11(月) 12:15配信

映画ナタリー

「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」が愛知・松坂屋美術館で6月23日から7月16日まで開催。その後、石川・金沢21世紀美術館にて7月27日から8月25日にかけて開催される。

【写真】「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」ビジュアル(印稿:宮崎 駿、題字:鈴木敏夫、写真:山本彩乃) (c)TS(他8枚)

2017年8月に広島で初開催された本展では、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫の手書きによる書を通し、鈴木の多岐にわたる仕事を紹介していく。展示内容はジブリ作品の資料をはじめ、鈴木が書いた題字、キャッチコピー、キャラクターデザイン、いたずら描き、幼少期の制作物、映画寸評、筆文字の書など。またアニメーション雑誌・アニメージュにおける鈴木の仕事にも焦点が当てられ、鈴木が編集長を務めた時代のアニメージュも閲覧できる。さらに「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋の精密模型、鈴木の頭の中をイメージしたドームといった展示などが企画されている。

なお名古屋会場のみ、ローソンチケット限定でオリジナル缶バッジ付き前売り券を販売中だ。缶バッジのデザインは、鈴木が自身の出身地である愛知にまつわるイラストを描き下ろしたもの。当日会場にていずれか1種類が進呈される。

スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展
名古屋会場
2018年6月23日(土)~7月16日(月・祝)愛知県 松坂屋美術館
開館時間 10:00~19:30
※最終日は18:00閉館
※いずれも入館は閉館30分前まで
ローチケ限定オリジナル缶バッチ付前売り券:一般 1200円 / 中学・高校生 800円 / 小学生 600円
前売り料金:一般 1000円 / 中学・高校生 600円 / 小学生 400円
当日料金:一般 1200円 / 中学・高校生 800円 / 小学生 600円

金沢会場
2018年7月27日(金)~8月25日(土)石川県 金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA

最終更新:6/11(月) 12:15
映画ナタリー