ここから本文です

梅田さん「世界で活躍、夢見て」=会社上司、悲報に涙―新幹線殺傷

6/11(月) 17:59配信

時事通信

 東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件で、死亡した会社員梅田耕太郎さん(38)=兵庫県尼崎市=の勤務先の男性上司(48)が11日、東京都内で取材に応じ、「人当たりが良く、前向きだった。信じられない」と沈痛な表情で話した。

 梅田さんは世界で活躍することを夢見ていたといい、突然の悲報に男性は涙ぐんだ。

 男性によると、梅田さんは昨年4月、ドイツに本社を置く総合化学メーカーの日本法人に入社。プラスチックの新規用途の開発に携わっていたほか、取引先との交渉も任されていた。普段は大阪を拠点に勤務しており、7、8日に横浜市で行われた研修の帰りに被害に遭ったとみられる。

 男性は梅田さんの採用面接を担当。「優秀な印象だった」と振り返った。世界に羽ばたきたいとの夢を持ち、人のために何かできることはないか、考えるタイプだったという。

 研修終了後、梅田さんに「また来週」と声を掛けたのが最後のやりとりとなった。男性は「(容疑者に対し)強い憤りを感じる。ご家族のことを考えると非常に悲しいし、無念」と声を絞り出すように語った。 

最終更新:6/11(月) 23:42
時事通信