ここから本文です

【インタビュー】注目の若手イケメン俳優・神尾楓珠、ドラマ「シグナル」現場で北村一輝から受けたアドバイスとは?

6/11(月) 17:49配信

トレンドニュース(GYAO)

端整な顔立ちと確かな演技力で、早くもブレーク必至と注目されている若手俳優・神尾楓珠(かみお ふうじゅ)は、放送中のカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)で、物語のキーマンに大抜てきされた。

【無料配信】「シグナル 長期未解決事件捜査班」各話テレビ放送終了直後から無料配信>>

「シグナル」は、2018年を生きる刑事・三枝健人(坂口健太郎)と、過去を生きる刑事・大山剛志(北村一輝)が謎の無線機で交信し、未解決事件の真相を明かしていくヒューマンサスペンス。神尾楓珠は、冤罪(えんざい)という影を背負いながら自分の意志を貫く高校生・亮太を演じて話題を集めている。

■「今期1番スリリングで面白いドラマです」

――ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の魅力とはなんでしょうか?

神尾: 「色味とか芝居の雰囲気が映画っぽいですよね。スリリングな展開に釘付けになり、取り込まれる面白いドラマだと思っているので、じっくり見ていただきたいです。放送中の最後の事件は、僕の親世代の方が見ても考えさせられるし、10代20代の視点で見ても、また違う魅力があります。いろんな世代の方に楽しんでもらえる作品です」

――初めて台本を読んだときの感想は?

神尾: 「過去と2018年を行き来するので時系列も飛び飛びで、ストーリーを文字だけで理解するのは大変でしたが、時を超えた正義への強い思いと人間模様、あと謎を深めていくストーリーは目が離せません。僕が演じる亮太は、家族が大好きで人間が大好き。冤罪(えんざい)という闇を背負いながらも、真っすぐでいられる強い人間性を持っています。最初は『あ、クレジットに名前が乗るんだ』と喜んでいましたが、こんなに作品にとって重要な役をいただけるとは、『まさか』という驚きでした(笑)。今でもプレッシャーは全然乗り越えられていなくて、戦っている真っ最中です。」

――6月12日に最終回を迎えます。見どころは?

神尾: 「亮太はなぜ死ななければならなかったのか、に注目してもらいたいです。亮太の覚悟やその強さに隠された“ある思い”が明かされる大事なシーンがあります」

1/3ページ