ここから本文です

チーム本田のもぐもぐタイム!カツ丼会議激熱2時間

6/11(月) 8:03配信

日刊スポーツ

 【インスブルック(オーストリア)9日】サッカー日本代表がワールドカップ・ロシア大会前、最後の休日を過ごした。国際親善試合スイス戦で0-2と惨敗してから一夜明け、9日はオフ。スイスからインスブルックに戻り、リフレッシュに努めた。

【写真】囲み取材に応じる本田

 本田、乾、原口、岡崎、槙野ら8人は和食店へ。乾が注文したのは店のメニューにはないカツ丼。乾は「サッカーの話やいろいろ。いろいろ、たくさん話した」。おいしい和食を食べながら約2時間。槙野は「すしと鶏の照り焼き」を平らげたといい、FW岡崎は「おいしかった」と満面の笑みだった。食後は街中を散歩し、老舗カフェでひと息。本田はエスプレッソを飲み干した。乾は「いいリフレッシュになった」と喜んだ。

 他の選手はイタリア料理店組と、宿舎休養組に分かれた。MF長谷部ら5人はピザを楽しみ、MF香川は「ゆっくりするだけ」と言い、完全休養に充てた。DF長友は「モチのロンでトレーニングします」。東口、昌子、宇佐美、井手口のG大阪ジュニアユース出身組は自転車で宿舎から約1・3キロ離れたメセラー湖へ。汗だくの昌子は「上り坂がキツイ、電動自転車で行けば良かった」と後悔? していた。おのおのが休日を堪能した。【小杉舞】

最終更新:6/11(月) 11:56
日刊スポーツ