ここから本文です

F1カナダGPはチェッカーフラッグのミスで2周短縮。順位が変更、リカルドのファステストラップは取り消しに

6/11(月) 7:12配信

オートスポーツweb

 F1カナダGP決勝は、チェカーフラッグが誤って早く振られたため、68周のレースに短縮された。
                          

F1カナダGPでチェッカーフラッグを振る役目を任されたウィニー・ハーロウ

 今回チェッカーフラッグを振る役割を任されたのはカナダ出身のモデル、ウィニー・ハーロウだった。カナダGP決勝は70周と決められていたが、彼女は1周早くフラッグを振ってしまった。F1スポーティングレギュレーションでは、なんらかの理由で首位のマシンが予定していた周回数を消化する前にレース終了の合図がなされた場合は、その合図がなされる前に、首位のマシンが最後にフィニッシュラインを越えた時点でレースが終了したとみなされる。ハーロウは69周を走ったセバスチャン・ベッテルにフラッグを振ったため、規則に従い、今回のレースは68周で終了とみなされた。
    
 カウントのミスに気付いたドライバーたちはそのまま走り続け、70周終了時にもチェッカーフラッグは振られた。しかし混乱は生じていたようで、優勝したベッテルは、チームから70周走り切るまでプッシュし続けるよう言われたという。
    
 幸いトップ10の順位には変更がなかったため、ポイント上の影響はなかった。しかし、13位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスは、オーバーテイク前の順位14位に戻された。また、ダニエル・リカルドが終盤に記録したファステストラップは取り消され、それ以前に記録されたマックス・フェルスタッペンのタイムが採用された。

 ハーロウは、自分は指示されたタイミングでフラッグを振っただけだと述べている。レース直後にSky SportsがFOMに問い合わせたところ、ハーロウのミスではないようだとの答えが返ってきたということだ。

[オートスポーツweb ]