ここから本文です

電源立地地域対策交付金とは

6/12(火) 8:37配信

京都新聞

 <電源立地地域対策交付金> 原子力や水力の発電所などの電源施設が立地する自治体とその隣接自治体に経済産業省が交付する。原発関連で本年度に交付された京都府関係分は、舞鶴、綾部両市と府向けの計6億1千万円。南丹市は関電大飯原発(福井県おおい町)に隣接しているが、原発設置時は間の福井県側に旧名田庄村があったため、隣接自治体として扱われていない。

最終更新:6/12(火) 8:50
京都新聞