ここから本文です

GACKT仰天告白「米は20年食べてない」 炭水化物断ち続け、パンも「4年ぶり」

6/12(火) 19:52配信

J-CASTニュース

 ミュージシャンのGACKTさん(44)が、炭水化物を控えており、パンを4年ぶりに食べたとインスタグラムで告白した。

 相当にストイックな生活を送っているといい、ネット上で驚きの声が上がっている。

■フランスでしかパンは食べない

 フランスのパンを一口かじると、GACKTさんのほおが緩む。そのままパンを味わって、悦に入ったような表情になった。

 GACKTさんは2018年6月12日、こんな動画をインスタにアップした。

 その投稿によると、1999年にソロになってから、一日一食にして、炭水化物を止めているという。「パンはフランスに来た時のご褒美と決めた」そうで、ヨーロッパに滞在中のGACKTさんは、フランスに来て4年ぶりにパンを食べたと報告した。

  「なんてことない事かもしれないが幸せだ」

 GACKTさんは、こう明かす。さらに驚くことに、こう言うのだ。

  「米は20年食べてない」

 このストイックぶりについて、「これは節制ではなく自分との単なる約束」だとし、「ジャムも美味しいなぁ」「また必ず愛に来るからなぁ(原文ママ)」と再び頑張ることを誓っていた。

 インスタのコメント欄などでは、  「凄すぎる...」
  「4年ぶりとか考えられない」
  「20年こめたべてないって、やばくない?? 」

などと驚きの声が上がった。その一方、ファンからは、

  「とても意志が強い方ですね」
  「すごく美味しそうでよかった」
  「お米解禁の日も作って食べてみて」

などとエールが送られていた。

最終更新:6/12(火) 19:52
J-CASTニュース