ここから本文です

右肘けがの大谷、復帰に向けて治療開始 指揮官「手術の話は出ていない」

6/12(火) 11:38配信

デイリースポーツ

 右肘の内側側副靭帯損傷で故障者リスト入りしているエンゼルスの大谷翔平投手(23)についてマイク・ソーシア監督(59)が11日(日本時間12日)、一部で報じられている手術の可能性について否定するとともに、患部の治療を開始したことを明かした。

【写真】どちらが高いかな?チームメイトと背を比べる大谷が可愛すぎる

 大谷は中6日で登板した6日(同7日)のロイヤルズ戦で右手中指のマメの影響で4回、63球で降板。マメの治療を受けた後に右肘の張りを訴え、翌7日に医師の診断と精密検査を受けた結果、右肘の内側側副靭帯に「グレード2」(3段階のうちの2番目)の損傷が見つかり、10日間の故障者リストに入った。

 ソーシア監督によると、登板後の安静期間の72時間が過ぎた大谷は前日10日から治療を開始。一部米メディアが報じた手術の可能性については「GMや医療スタッフとの会話の中ではそういう話はしていない」と否定した。

 すでにエプラーGMは3週間のノースロー、ノースイングの方針を明言。指揮官は「3、4週間のうちに良くなることを願っている。いつからスイングができるのか、投げられる状態になるのか、医療スタッフの判断を待ちたい」と話した。

 大谷はここまで投手として9試合に登板し、4勝1敗、防御率3・10。打者としては34試合(代打4試合)に出場し、打率・289(114打数33安打)、出塁率・372、6本塁打、20打点。