ここから本文です

<将棋>A級順位戦が開幕 豊島八段が稲葉八段降す

6/12(火) 17:24配信

毎日新聞

 第77期名人戦A級順位戦が12日、大阪市の関西将棋会館で、稲葉陽(あきら)八段(29)と豊島将之八段(28)の対局で開幕し、豊島八段が143手で稲葉八段に勝利した。第76期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を3勝2敗とリードして19、20の両日、山形県天童市の天童ホテルで第6局を迎える。

 11人が戦った第76期のA級順位戦は、稲葉、豊島も含む6人が6勝4敗で並んでプレーオフとなり、羽生が勝ち抜いた。第77期は(1)七番勝負の敗者(2)稲葉(3)広瀬章人八段(31)(4)佐藤康光九段(48)(5)久保利明王将(42)(6)豊島(7)深浦康市九段(46)(8)三浦弘行九段(44)(9)糸谷哲郎八段(29)(10)阿久津主税八段(35)--の10人が、来年3月1日に静岡市で行われる最終局まで9回戦の総当たりリーグ戦を戦う<名前の前の()数字は順位>。【山村英樹】

 名人戦・A級順位戦(12日)

(左が勝ち)

豊島八段(1勝)143手 稲葉八段(1敗)

最終更新:6/12(火) 23:58
毎日新聞