ここから本文です

合意履行へ協力=終戦宣言視野に―韓国大統領

6/12(火) 19:10配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は12日、声明を出し、「歴史的な米朝首脳会談の成功を祝し、歓迎する」と表明、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の「勇気と決断」をたたえた。

 その上で「わが政府は、合意が完全に履行されるよう、米朝両国、国際社会と惜しみなく協力していく」と強調した。大統領府報道官が発表した。

 米朝が合意した共同声明では、北朝鮮が4月の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」を確認し、「朝鮮半島の完全な非核化」に取り組むことを改めて約束した。文氏は非核化の具体的なプロセスを積極的に支援していく方針だ。

 共同声明は朝鮮戦争の終結には直接触れていないが、「新たな米朝関係の構築」をうたい、「朝鮮半島での持続的かつ安定した平和体制の確立」に取り組むことを定めている。文氏は朝鮮戦争の終結宣言採択や、休戦協定に代わる平和協定の締結を視野に、米朝に韓国や中国が加わる首脳会談の開催を働き掛けていくとみられる。 

最終更新:6/12(火) 21:22
時事通信