ここから本文です

ワタナベエンタが「eスポーツ」参戦 人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」で

6/13(水) 6:05配信

スポーツ報知

 大手芸能プロ「ワタナベエンターテインメント」が、コンピューターゲームでの対戦をスポーツ競技として捉えた「eスポーツ」に参戦することが12日、分かった。

 eスポーツは、8月のアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)では、デモンストレーション競技として実施。22年の中国・杭州大会から正式採用されるなど、その波は急速に広がりをみせる。

 国内では、コナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズを使い、来秋に全国初となる都道府県対抗eスポーツ大会が開催される。「ワタナベ―」は初代王者を目指し、「ウイイレ」に特化したeスポーツチーム「We―Spo(ウィースポ)」を発足。名誉監督には元サッカー日本代表FW高原直泰(39)=沖縄SV、顔写真=を招聘(しょうへい)した。

 所属タレントによる暫定の選抜メンバーはパーティーズ・石原涼允(26)、Mr.ポップリン・葛西翔也(28)、50sチリチーズ・木村圭吾(24)、パスポートヒーロー・クロマニョン加藤(29)、くりおね・レフト鈴木(30)の5人。ウイイレ歴15年以上のすご腕ばかりだ。高原名誉監督は「私の今までの経験をメンバーに伝授し、チームを引っ張っていきたい。日本一のチームにしたい」と全国制覇を誓った。

 ◆eスポーツ コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦を、スポーツ競技として捉える際の名称。競技人口は1億人以上とも言われ、五輪種目としての採用を目指す動きもある。日本では今年2月、eスポーツの普及、発展を目的に主要5団体が「日本eスポーツ連合」を設立した。

最終更新:6/13(水) 9:09
スポーツ報知