ここから本文です

“日本酒のW杯”中田英寿氏らが世界一を決定

6/12(火) 18:01配信

サンケイスポーツ

 サッカー元日本代表MFの中田英寿氏(41)が実行委員を務める「SAKE COMPETITION(サケ・コンペティション)」実行委員会は、11日に東京・千代田区のザ・ペニンシュラ東京で世界最大規模の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION 2018」の表彰式を開催した。

 7度目となる今年は全国455蔵(海外出品酒数17点)、世界最多1772点の日本酒が出品され、5月に開催された予審・決審を通じて上位受賞蔵が決定。「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門」「Super Premium部門」の全5部門に加え、昨年新設された「ラベルデザイン部門」「スパークリング部門」、さらに今年新設された「海外出品酒部門」の全8部門が発表された。

 当日は実行委員を務める中田氏、クリエイターのいとうせいこう氏(57)、女優の祥子(33)、アーティストのACIDMAN大木伸夫(40)、デザイナーの森田恭通氏(50)がプレゼンターとして参加し、各部門3位までに輝いた蔵を表彰した。

 中田氏は「日本でも、イタリアン、フレンチが多くなってきてワインも色々な種類が増えてきたのと同じように、海外でも日本食が増えてきたことで日本酒も多くなってきました。次のステップは、日本食でない場所で日本酒が飲まれるようになることだと思います。日本でも25年くらい前から和食屋でワインが飲まれるようになりましたが、同じレベルに日本酒が日本食以外で飲まれることが大事だと思います」と総括した。

 さらに、昨年新設された「スパークリング部門」について「特に市場が伸びていると思います。昔から微発砲はありましたが、白く濁っていない発泡が増えてきたり、海外の人や日本酒になじみがない方でもスパークリングは入りやすいと思います。先日イタリアに行った際に、ランブルスコ(赤ワインの発泡酒)の蔵元にも飲んでもらい、とても驚いていました」と、世界との“つながり”を作るものとして大きな期待を表した。

 各部門1位とコメントは以下の通り。

 【ラベルデザイン部門1位・新緑の播磨路(富久錦株式会社)】こんな名誉ある賞をいただき、ありがとうございます。まだ3、4年くらいの商品普段生活している播州平野の四季を意識している 今回はその中でも夏をイメージしての作品です。

 【スパークリング部門1位・南部美人 あわさけスパークリング(株式会社南部美人)】昨年も受賞させていただきました。当時はニューヨークに行くため、飛行機に乗っていました。そのため、弟に賞を受け取ってもらい少し残念な思いをしましたが、まさか今年もいただけるとは思っておらず、直接受けとることができ、本当にうれしく思います。この受賞によって、このスパークリングが世界に通用することが分かったので、より一層の努力を積み重ねていきます。世界のシャンパン酒を目指して!

 【純米酒部門1位・會津宮泉 純米酒(宮泉銘醸株式会社)】とにかくうれしいです。ありがとうございました。福島県には、年齢問わず多くの人が酒造に関わっているので、協力し合い、これからも福島のお米で作り続けていきます。

 【純米吟醸部門1位・作 恵乃智(清水清三郎商店株式会社)】声が震えてしまうほどうれしいです。(トロフィーは)割れてしまいそうでこわいです。

 【純米大吟醸部門1位・南部美人 純米大吟醸(株式会社南部美人)】本当にビックリしています! まさか純米大吟醸で賞をいただけるとは思っていませんでした。私たちの蔵は、いま一生懸命、技術開発、改革に取り組んでおりまして、それが形になってきているんだなということを、うちの杜氏(とうじ)、スタッフに心から感謝をしております。会社、そして岩手県二戸市を代表して、この賞をいただけたと思っております。一番の難関である純米大吟醸で評価されたことが、本当にうれしいです。世界で日本酒が評価されるように、これからも頑張って精進してまいります。

 【吟醸部門1位・極聖 大吟醸(宮下酒造株式会社)】このような素晴らしい賞をいただいて、本当にびっくりしております。大変うれしい半面、まだ驚いています。杜氏含め、みんなで頑張って造った酒なので、このような素晴らしい賞をいただけて、本当に感謝しております。ありがとうございました。

 【Super Premium部門1位・醸(株式会社せんきん)】大変驚いておりまして、うちみたいな変なお酒を造っているところが、このような賞をいただいていいものなのか、分かりませんが、まだお酒造りが続いておりますので、いの一番で苦楽を共にしているうちのスタッフたちに、喜びを報告したいと思います。

 【海外出品酒部門1位・Junmai Ginjo Nama(Arizona Sake LLC)】この場を借りて伝えたいことは、日本のそしてアメリカの友人、知人のみなさん。いつも支えてくれている妻、家族にありがとうと伝えたいです。そして、ここにお集まりの皆様にもお礼を申し上げます。

 【ダイナーズクラブ若手奨励賞・蔵王 K 純米酒(蔵王酒蔵株式会社)】ちょっといま、何が起きているのか分からない状況ですがこういった賞をいただけたことに、大変うれしく思っております。本当にありがとうございました。