ここから本文です

ザギトワ「お座り」「伏せ」 秋田犬マサルをしつける様子を公開

6/12(火) 11:54配信

産経新聞

 秋田犬(あきたいぬ)保存会(秋田県大館市)から「マサル」(雌、生後3カ月)を贈られた平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)が11日(日本時間12日)、写真共有アプリ「インスタグラム」にマサルをしつける様子を投稿した。

 写真や画像をスライドショーのように投稿できるストーリー機能を使用。約15秒の動画では、マサルがザギトワ選手に呼ばれ、指示に従ってお座り。「伏せ」の言葉にしばらく戸惑った後、寝転ぶような姿が映っている。

 ザギトワ選手のインスタグラムは12日現在で46万5000人のフォロワーがいる。5月26日にマサルを贈られて以降、マサルの動画や写真を頻繁に投稿している。

最終更新:6/12(火) 13:15
産経新聞