ここから本文です

ロボットの制御を学習できる卓上ロボットアーム「DOBOT Magician」

6/12(火) 9:00配信

bouncy

3Dプリンターのヘッドから、工場で使われる大型のロボットアームまで、すべてはプログラミングによって制御されている。そんなロボット制御の仕組みを、実際に試して学べる卓上サイズのロボットアーム「DOBOT Magician」が、株式会社アフレルから登場している。

買える?

「DOBOT Magician」は複数のツールヘッドに対応しており、付属するヘッドによって価格が異なる。公式オンラインショップからの注文を受け付けていて、それぞれキットの価格は以下のようになっている。

・3Dプリントキットなどを含む「DOBOT Magician Standard」:税込156,600円
・レーザーキットなどを含む「DOBOT Magician Educational」:税込194,400円
 ※いずれも2018年7月末日までのキャンペーン価格

もっと詳しく

卓上サイズのロボットアーム「DOBOT Magician」は、ロボットアームの制御を実践的に学ぶ職業訓練校を対象とする教材だ。

3.4kgのボディで500gグラムまでのオブジェクトを持ち上げられる4軸ロボットアームを備え、ツールヘッドを交換することで、3Dプリントやレーザー刻印も可能になり、ウェブカメラと接続すれば、画像認識処理にも対応する。

いずれもC#・Python・Javaなど、主要なプログラミング言語で制御することが可能。さらにパズルを並べてプログラミングできる「Google Blocky」にも対応し、初心者でもプログラミングを学習できるようになっている。
・ ・ ・

自分がプログラミングした通りに動作する「DOBOT Magician」。アイデア次第で可能性は無限大となり、例えば「卓上のゴミを認識してゴミ箱に移動させる」というような仕掛けを作ることも不可能ではないだろう。

無人化がますます進むことが予想される現代。今のうちからロボットアームの制御をマスターしておけば、明るい未来を過ごせるようになるかも?

株式会社アフレル

Viibar.Inc

最終更新:6/12(火) 9:00
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ